ヘッダー画像

自動車保険の意義

自動車保険には大きく分けて「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。


自賠責保険は「強制保険」とも呼ばれていて、全ての自動車(バイク、原付も含めて)を運転する場合、絶対に加入しなければなりません。

これは「自動車損害賠償保障法」という法律にも定められていて、未加入の場合は厳しい罰則もあります。


任意保険は‘任意’という言葉が示す通り、加入するかどうかは運転者の自由です。

ですが、もしも事故を起こした場合、「自賠責保険」だけでは賠償金額が不足する場合が多く、任意保険に加入する人がほとんどです。

なぜなら、自賠責保険で保障されるのは「自動車の運行によって他人を死亡させたり、けがをさせてしまった場合」であり、自分自身のけがや自動車の修理代、壊してしまった建造物などの物に対する修理代は補償されないからです。


自分は絶対に事故をしない、と言い切れる人はいるでしょうか?

いませんよね。

安全運転を心がけるのはもちろんですが、万が一の時のために、任意保険にも加入しましょう。